板前

【飲食】都内の料理人向け転職エージェント3社と絶対オススメの1社

こんにちは、2016年の夏に都内の料亭を退職し、6年の板前修業の末に独立した”ぼり”です。

ぼくは、板前になる前に工場勤務や運送業をしていたことも含めて、高校卒業から12年間で10回以上の転職をしてきました。

数ある転職経験の中で、後悔したのは「人づて」で転職したときでした。

だからこそ、転職の相談を受けた際は必ず「転職エージェントの利用」をすすめます。

また、転職”サイト”と”エージェント”の違いですが、担当者がつくかつかないか。

求職者1人に対して1人の担当者がつくのがエージェントです。

自分の要望や求人を出しているお店の要望を汲み取り、間を取り持ってくれるのがエージェントのお仕事。

具体的なメリットは大きなものを挙げると以下の3つです。

  • 給料・勤労体系の言いづらい要望を代わりに伝えてくれる
  • 自分で探す必要がない
  • 転職完了までサポート(履歴書の書き方など)

時間のない飲食人だからこそ、自分が今の現場で働きながらも自分の希望に合った職場や条件を探しておいてくれるので、利用しない方が損だと思っています。

この記事で紹介する転職エージェントは無料で登録できるものしか紹介していません。

12年間で10回以上の転職をしてきたぼくから、

  • 総合でダントツの転職エージェント
  • 忙しい人向けの総合エージェント
  • 飲食業界に特化したオススメの転職エージェント

を比較を踏まえて紹介します。

cook+biz 飲食求人

総合でダントツ1位の転職エージェント

まず最初に、飲食専門の転職エージェントではなく、全ての職種を含めた”総合”の転職エージェントを紹介します。

飲食業界の人ほど、他業種の働き方、年収の相場感を知るべき

理由はコレです。

ぼくは工場勤務や運送会社勤務を歴て飲食業にたどり着いたので、すべてではなくとも飲食業ではない働き方や収入の相場感がなんとなくでもわかります。

いま飲食業に従事している方にぼくからお伝えしたいのは、転職を考える上で飲食業界だけを見ていると視野が狭まるということ。

飲食はいそがしさゆえに他のことを考える余裕が他業種より少ないです。

他業種の情報を知っていて飲食業を続けるのと、見てみぬフリをして知らないまま続けるのでは全くワケが違います。

もちろん、実際に他業種に移らなければいけないわけではありません。

視野を広げること自体に意味があります。

こういった理由で、総合の転職エージェントには登録だけでもして色んな業種を見るだけでも大きな価値があります。

これを踏まえて、総合転職エージェントから紹介します。

転職支援実績ダントツ1位の「リクルートエージェント」

転職エージェントなら転職支援実績No.1リクルートエージェント

f:id:boriesy:20180117125507p:plain

一般の求人サイトに公開していない求人案件を10万件以上保有しているという日本最大の実績と規模を誇るリクルートです。

大手転職エージェントの口コミを見てみると、「対応が冷たかった」というような評価もついているのをみかけますが、大手のサービスはそういった面は避けられないのではないかと思っています。

それでも圧倒的な求人件数を誇る大手を見ない手はありません。

当然のことながら飲食業界の求人もあるので、一般の業種と比較するとより求人の相場感が見やすくなります。

詳しくはリクルートエージェントのHPから見ることができます

リクルートはこんな方におすすめ

  • 飲食以外の職業の相場観を知らない
  • より多くの職業を知りたい
  • 転職自体がはじめて

忙しい人向け。待ちの求人「MIIDAS(ミーダス)」

MIIDAS(ミーダス)探す転職から探される転職へ!

ここで、総合転職エージェントの中からもう一件だけ紹介します。

リクナビエージェント以外でも、数ある転職エージェントの中からMIIDASを2つめの候補に出したのは以下の理由です。

  • 自分の市場価値(年収相場)を知る為の無料診断サービス
  • 診断結果をもとに、企業から直接のオファーが届く
  • スマホアプリまで備える使いやすさ

一度診断を行ってしまえば、あとは企業側からオファーが届くので、こちらから探す必要がないんです。

また、オファーが届くのは基本的に「面接確約」の前提なので、通るかわからない書類審査のために履歴書を何枚も書き直す必要もありません。

自分で探す必要がある転職サイトはめんどくさいけど、担当エージェントがつくのはちょっと気が重いという方は、まずはMIIDASを試してみるのがオススメです。

MIIDAS独自の診断サービスについて少しだけ紹介します。

「自分の市場価値を知る」診断サービス

f:id:boriesy:20180117131859p:plainMIIDASでは現在の自分の能力(職業経験、担当業務、保有資格など)をリサーチした上で、求職者の年収相場感と実際に求めてくれている企業をその場で紹介してくれたり、後日オファーを届けてくれます。

これが実際の診断画面。

f:id:boriesy:20180117133646p:plain

このような感じで

  • 学歴
  • 職歴
  • 在籍期間
  • 担当業務

などの質問に答えていきます。

こちらが実際のぼくの診断結果。

f:id:boriesy:20180117132624p:plain

登録をして置いておくだけでも管理画面を見ると、こんな感じで段階に分けて企業側からのアプローチの具合も教えてくれます。

f:id:boriesy:20180117132741p:plain

普段の仕事が忙しくて求人情報を見比べている時間がないという方は、せめて自分の職歴を踏まえて企業側から出してくれるオファーに目を通しておくだけでも、充分な情報量を得られるはずです。

この診断だけでもかなり参考になるデータが取れるのに、そこから企業のオファーが来るのは、控えめに言っても他の転職エージェントよりもダントツでMIIDASを使うメリットの方が大きいです。

単純に面白いってのもあるので、年収診断をやってみてるだけでも良いと思います。

診断はMIIDASのホームページから受けることができます

MIIDASはこんな方におすすめ

  • 忙しくて自分で職を探すヒマがない
  • 自分がどんな会社から求められているのかわからない

次に飲食業界に特化した転職エージェントを比較を交えて紹介します。

料理人の為の転職エージェントで絶対オススメの1社

他業種との比較もした上で、飲食の中に特化した求人を探すと見えてくるものも変わります。

そして、飲食の転職エージェントで絶対に紹介したいのが、フーズラボです。

【都心部の方にイチオシ!】個人店、レストラン、ホテルなど幅広い飲食業案件を持つキャリア支援「Foods labo」

フーズラボ・エージェント

f:id:boriesy:20170814232036p:plain

「すぐに転職じゃなくても大丈夫。あなたの今と5年先のキャリアを考えた転職支援」を掲げるフーズラボ。

ぼく自身が実際に新橋にあるオフィスにお伺いし、取材もしてきました。

フーズラボは都内の飲食店を中心に紹介を行っており、

  • 独自レポート(従業員からのインタビュー)
  • 体験入店(キャリアアドバイザーが聞くだけでなく実際にお店で働いて空気感を体感している)
  • 店舗視察/お食事特典

上記ような独自のサービスで、よりリアルな「現場の空気」を伝えることで、求職者と求人側、それぞれの間に立って、円滑な転職を支援してくれます。

登録したら当日もしくは翌日中には、担当者の方から電話がかかってきて、まずは求職者の現在の話を聞いてくださいます。

登録から入社まで一通りのサポート!

一人一人に担当としてつくキャリアアドバイザーによる、登録から入社までの手厚いサポートを受けることが可能です。

  1. 無料の相談受付・独自案件の案内
  2. 面接アドバイス・履歴書の添削
  3. 面接同行
  4. 内定の条件交渉(1日で面接を複数件まとめる)
  5. 入社日の調整

飲食における就業において、不安な面を全般的にサポートしてくれます。

フーズラボ独自で抱えている案件の中から求人票などを読み漁るのではなく、対面で話し合ったキャリアアドバイザーからの提案で職場の案内をしてくださいます。

検索するのではなく、おすすめの案件を紹介してくださるので、「自分にあった職場の探し方がわからない」ということがありません。

圧倒的なフォローにより、求職者の不安を最大限に取り除いてくれるフーズラボ。

間違いなく一番おすすめの転職エージェントです。

更に詳しく知りたい方は、公式サイト「フーズラボ・エージェント」をご覧ください。

*一都三県(東京、千葉、埼玉、神奈川)に絞った「都市特化型エージェント」 です。

フーズラボはこんな人におすすめ

  • 飲食で次の修行先を探している
  • 関東で働いている
  • ちゃんとした雇用体系の職場を探している

もし、飲食業を続けていくという前提の上で転職に不安を感じている方はフーズラボ・エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職を決めるのは自分の意志。

ぼくは以前、以下のような悩みが一歩を阻み、動きだすことができませんでした。

  • もう少し気軽に料理という仕事と関わりたい
  • こんな気持ちで次の職場が本当に見つかるのか
  • 見つかったとして、うまく馴染めるのか
  • またイチからの立場ではじめるのは今からでも間に合うのか

でも、この意識のまま現在の職場に居続けること自体が今後の人生において大きなリスクになると思い、退職の意を固めました。

そして、転職はタイミングを見計らっていたら滞ります。

  • 勤務先の人数が揃ってから
  • 来年の春になったら
  • もうちょっと自信がついてから

など、一歩を足踏みする理由はいくらでもありますが、長期戦になればなるほど、自分の心が疲弊します。これはぼく自身で体験済みです。

飲食店に関しては、基本的に慢性的な人員不足です。これは昔から。

自分の人生を生きる為に判断は自分軸で行うべきです。自分の人生を後で誰かに責任を取ってもらうことなんてできないので。

そして、考えるだけでは何の意味もありません。

ずっと悩んでいたって、立ち位置は変わりません。大切なのは小さな一歩でいいから行動を起こすこと。

小さな一歩も重ねれば違う景色を見ることができます。

今の環境を変えたい全ての料理人の方へ

今回紹介した3つのサービスはすべて無料で登録が可能です。

そして、書いてある通り、ぼくは実際に全てのサービスを試しましたし、記事にするに当たって、担当者の方からのお話も伺っています。

気になったサービスがあれば、まずは一度、実際に登録して試してみてください。

最後にぼくのオススメの方法を紹介します。

  1. 大前提として広い視野を持つためにリクナビエージェントで全国の案件を把握→常に視野を広く保つ
  2. 見ているヒマがない間も「待ちの求人」で企業側からのオファーを待つ。→忙しいときでも見れるようにオファーが来る環境を作っておく
  3. 飲食業界内での案件をしっかり見定めるためにフーズラボ・エージェントに登録する→ふと時間がとれた時に、飲食専門の案件をじっくり見る

あくまで大切なのは「心や期間に余裕を持つ」ということ。

1件のエージェントで探していても、話が進まなければなんの意味もありません。

どこかに登録したら他のエージェントには登録できないというルールは存在しないので、できるだけ案件が目につく環境を整えてみてください。

以上、ぼりでした!

cook+biz 飲食求人